インプラント

Page breadcrumbsEnd of page breadcrumbs

歯を抜いたところにも人工歯を装着できて便利なインプラント。
ですが、便利な反面、他の治療法と同様、注意すべき点があります。

何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているという事実です。
糠喜びにならないためにも知っておきましょう。インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

抵抗力を弱める病気、例えば糖尿病や心臓の病気に罹患している方や、アゴの骨が弱っている方、骨が減ってしまっている方なども、残念ながらインプラントは利用できないとの判断になるケースがあり得ます。
そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
インプラント治療はどのような流れかというと、大きな3つの関門があります。
第一に、歯茎を切り開き、あごの骨を削って人工歯根を埋め込む、あごの骨の中に人工歯根がしっかり定着するのを待ち、三番目として、歯根にアタッチメント(連結部分)をはめ込み、その上から義歯をかぶせて完成という流れはみなさん変わりません。
時間を要するのは、人工歯根の周りに組織ができて骨にしっかり定着するまでで約2ヶ月から6ヶ月見ておかなければなりません。インプラント治療の開始から、本格的な義歯を入れるまでに要する期間は短くて3ヶ月、長くても10ヶ月くらいだと考えて良いでしょう。歯科では、一連の治療の中に保険適用と適用外が混在することもよくあります。しかし、インプラントの場合、ほぼ全て保険適用外です。

保険が適用されればありがたいのですが、インプラントを入れるという一連の治療はブリッジや入れ歯など、保険適用ができる治療と比べてコストがかかり、設備や技術も要するからです。あごの骨に穴を開けてインプラントを埋入し、インプラントと周りの歯がなじんで上手く噛めるようになるまで時間もかかるので時間に見合った医療費がかかります。もしこの治療が保険適用だったら、医療費はいっそう増えてしまい、社会保険料の値上げが心配されるので、今後も原則保険適用にはなりません。
歯科治療の中で、インプラントとクラウンの大きな違いは、義歯が自分の歯根に支えられているかどうかです。

差し歯は無理で、義歯が必要になっても、歯根部を支えとしてのこすことができれば冠のような形の義歯をつくり、クラウンをかぶせることが可能です。
これに対し、抜歯した後は、もし、入れ歯を採用しない場合、義歯の土台として人工歯根をあごの骨に埋入するインプラント治療を選ぶこともできます。

人工歯根(インプラント体)を骨の中に埋め込むのがインプラント治療ですが、金属アレルギーの危険性はほとんどないのです。骨に埋入する部分はほとんどチタン製で、その上もセラミックや金などアレルギーをきわめて起こしにくい素材でできている為です。インプラント治療に保険が適用されることはまずありません。全額自費が当たり前のため、経済的負担は大きくなります。

経済面でも余計な負担にならないよう、金属アレルギーの患者さんは治療開始前に歯科医とよく話し合う方が不安や誤解がないでしょう。
インプラント手術の未経験者にとってどれだけ痛いだろうと心配になると思います。

今では、どこで手術を受けても強い痛みを感じることはないと思ってちょうだい。

局所麻酔とは言え、しっかり効いたのを確認してから手術に取りかかるためです。麻酔が切れれば、処置の仕方によって多少の痛みはあるかもしれませんが痛み止めの頓服薬を処方されることが多く、耐えがたいような激しい痛みがつづくことはまずないでしょう。他の歯科治療同様、インプラント治療で大切なのは検査からメンテナンスまで、安心して任せられる歯科医に出会えるかどうかです。治療に必要な技術を身につけていることは持ちろんですが、埋入手術までの検査、治療、手術後のケアなどでも歯科医の腕次第で大きく違ってくると言うべきです。

インプラントの場合、歯科医による治療成績の差が特に大きい治療法だと言えます。

とにかく入念に、歯科医選びをすることがその後の快適なインプラント生活を決めると言って良いでしょう。インプラントという治療法を聞いた事のある方も多いでしょう。
これは、「インプラント(埋め込む)」という意味の示す通り、穴を開けた顎骨に「インプラント体」と呼ばれる人工の歯根を埋め込んで、その上から人工歯を装着する施術です。
入れ歯などの方法と比べると、自然に食べ物を噛向ことができますし、見た目の美しさにも優れています。

インプラント技術は年々進化していますが、そこには歯科医や歯科技工士の熟練の技が必須といえるでしょう。患者さん一人一人の口腔内の状況に合わせた高度な施術で、勿論それだけ治療費は高額になりますが、効果もまた高いと言えます。